2022 カタールワールドカップ

日本 2 対 1 ドイツ

FIFAによると、前半終了時点でボールの支配率はドイツが72%に対して日本は17%。

シュートはドイツが13本(枠内4本)を放つ一方で、日本は1本(枠内0本)。

これで、良いのだ。

相手の良さを消して、自分達の強みを貫く。

これが、勝つための鉄則。

歴史をつくるために必要なのは、小手先の技術ではなく、立ち向かう勇気と我慢する力。

何本シュートを打たれても、枠に入れさせない守備。

三苫が縦に仕掛ける素振りを見せながら、中へのカットイン。
それを認知した南野が裏への動きだし。
三苫は二枚の守備を引きつけて、南野の動いている方向へゴロのパス。
南野は、長身ノイアーの苦手な低いシュートをワンタッチで逆サイドへ。
南野のシュートは枠を外れていたが、浅野が逆サイドにつめていたので、ノイアーはさわらないわけにはいかない。
ドイツの守備陣は全員、南野の方向に体を向けている。
マイナスからつめていた堂安は、南野の角度のないところから勇気のあるシュートのおかげでフリーになり、ボールをふかさずキッチリとゴールに突き刺す。
さすがのノイアーも、一度崩れた体勢からストップするのは難しい。

計算された素晴らしいゴールでした。

その後は、前のめりになったドイツから、中盤のゲームメーカーがファウルをもらい、バックラインを越える高さで、逆回転をかけたパス。
スピードのある選手には、嬉しいパス。
正確なトラップから、ドイツの長い足が届かないところにボールを置きながら、前へ運ぶドリブル。
スピードだけでふりきろうとしてドリブルが長くなると、ノイアーが出てくる。
ノイアーを前に出させないように、ドイツディフェンダーが足を出せば、ペナルティーキックになるスピードでゴール前に侵入する。浅野にドイツディフェンダーがついている状態のため、ノイアーは前に出て浅野にプレッシャーをかけられず、ゴールに張りつけられる。
浅野は、コースがないことは分かっていたが、ノイアーが反応出来ない距離までボールを運べていたので、ノイアーにぶつけてでも入る可能性があると読み、強めのシュートを選択。

案の定、ノイアーの顔の横をすり抜けゴールを突き刺した。

こちらも、努力を積み重ねた結果の完璧なゴール。

そして、終了の笛がなるまで守備の集中を切らさなかった。

こんな、試合をたくさんして欲しい。

頑張れ、日本!

 

お電話でのお問い合わせ

Tel:

※「WEBサイトを見た」とお伝えください。
※各種業者様からの営業電話はお断りしています。

メールフォームからのお問い合わせ

お問い合わせに際して

メールフォームからお問い合わせいただいた際は入力された連絡先に折り返しご連絡いたします。内容に誤りがあるとこちらからご連絡することができかねますので、入力内容に誤りのないようお気をつけください。

    お問い合わせの種類必須 入会のお申し込み体験練習会入会説明会見学がしたいその他のお問い合わせ
    あなたは?必須 保護者です生徒です
    保護者の方のお名前必須 ※入会希望で複数いる場合も続けて入力してください。
    生徒のお名前必須
    学校名必須
    学年必須
    現所属チーム
    ご連絡メールアドレス必須
    電話番号必須
    ご希望の連絡方法必須 メールのみ電話のみどちらでもよい
    ご住所必須 ※町名までの簡単な住所で結構です。
    お問い合わせ・備考など